往生際の悪いスーパーの処分特価ワゴンのラインナップ

我が家から比較的近い範囲にスーパーが二軒あります。

二軒とも近接してるので、どちらにもほぼ均等に行くんですが、
何年も通ってるとそのスーパーの経営方針がうっすら見えてきます。
どちらもごくごくありふれたスーパーなんですけど、決定的に違うのが
値下げのタイミングです。

財布の中身も気にせずに欲しい物を値段ノールックで購入できる身分ならともかく、
広告価格ガン見必須の私には、値下げタイミングはなかなかの重要ポイント。

A店は少々早めに値下げシールを貼っていき、
最終の半額シールも閉店の数時間前にはサクサク貼っていきます。
日配品も賞味期限が近くなるとやや早めに値下げする。半額

B店は営業時間も長いせいか、値下げのペースも遅め。
さらに生鮮食品も限界まで値下げしないので、半額レベルのものは色々な意味でギリギリ。
野菜シナシナ、果物ブヨブヨ、肉も崖っぷちです。

どちらの店もよく利用するし、好きなんですが、B店の値下げ処分の往生際の悪さが主婦としてはイマイチでも、個人的には非常に興味深いんですよね。

いやね、わかるんですよ。できるなら通常価格で売りたいのは。
でもさ、適正なタイミングってあるじゃん?って思うんです。

B店はそこの見極めタイミングに独自の特殊基準があるらしく、
いつも最終処分のワゴンのラインナップを見ると「粘りすぎだろうよ」と思わずにいられません。

いつも意表を突かれ勝ちなんですが、度肝を抜かれたのは12月の冷やし中華(袋麺)最終処分です。冷やし中華
ちなみに、その時一緒にワゴンに入ってたのはフルーチェもどきのひやぷる系デザート。

外は雪。 そして氷点下。

正気か? 

店長さんよ、それでいいのかい?

賞味期限内と言えど、12月に冷やし中華の最終処分でたった3割引き。
冷やし中華大好きの私でも食指動かんわ。 どこまでシブいんだよ。

遅い。常にかなーり遅い。 ズレ加減半端なし。モト冬樹

それはもうすでに粘りではない。 お前はもう死んでいるレベル。

さらにB店ワゴンの注目すべきところは、その特価ワゴンでは半額シールを貼っておきながら、通常販売価格の半額ではなく、本来のメーカー希望小売価格の半額だと主張するセコさ。

例えば普段320円(メーカー希望小売価格400円)で売っているドレッシングがあったとすると、半額シールを貼って200円で売って値引き額を少しでも圧縮しようとする小細工が見られます。

この作戦はプラスなのか? 疑問だ。

スーパーも苦しいんだな、きっと。
わかるよ。利益率はできるだけ下げたくないもんね。

きっとみんなも気付いてるけど優しくスルーしてるんだわ。
なんだかんだ言ってそこのスーパーが好きなんだもん。
温かい目で見守って行こう。

ちなみに今のワゴンラインナップは節分限定お菓子とバレンタイングッズ。
2月のものだから正しい。でもちょっと残念なのはなぜ。

おそらく春のポカポカ陽気になる頃、そのワゴンには
鍋系食品、冬限定のシチュー、合格祈願のお菓子が花盛りになるとみた。

そんな予想もまた楽し。

B店ガンバレ、明日も行くわ。

 

最後まで読んじゃったついでにポチっとプリーズ
↓↓↓
にほんブログ村

------------★ 酵素ダイエット情報 ★-------------

このブログ内のお嬢様酵素ダイエットの記録をまとめたページ ↓ ↓ ↓

腹変化

マヤのお嬢様酵素-5キロダイエットの
全貌を一気に見る!

 

小さいバスト、ハリを失ったバストは蘇るのか? 美乳革命動画

マヤ・プチ子・ピヨ美 3人だけのバストアッププロジェクト
【美乳革命】報告

 

コメントを残す




CAPTCHA