活字に飢えていた自分に気づく。

やめられません。

こうなることはわかっていたのですけども。

先日、図書館に行って数冊の本を借りてきたのですが、その本達の誘惑が強烈で、
本を閉じる事にかなりのエネルギーを使ってます。

10冊借りてきました。 その内の6冊は軽いものでした。
がっぷり四つに組まなくても読めそうな、エッセイ的なもの。

本

それはそれで楽しめました。
今更の『ホームレス中学生』とか、『ブスの瞳に恋してる』を読んでみたり。
軽く読めるよね、こういうのは。サクサク。

で、じっくり読みたい本は後回しにして残しておいたんです。
読み始めたらやめられないのがわかってるから。

12月だよ。師走だよ。やる事いっぱいだよ。

なのに… なのに… 読み始めちゃったーーー!

おもしろーーーい!やめられないよ―  わーーーん(泣)植木

そうなの、私は本当は活字が読むのが本当に大好きで。
だけど、もう何年も意図的に遠ざけていた。 30分だけ読書、とかって出来ないから。
一日に空く数時間を、それに費やす余裕が無かった。
(テレビやネットの時間はあるくせにね 笑)

だけど、そろそろいいのかな、というか、そろそろ必要なのかな、って気がしてきました。
一巡したというか。

何か、ネットでいろいろな情報を得るのも、楽しいテレビを見るのも勿論いいけど、
それだけでは得られない物が本にはあるな、って今改めて思うんですよね。

生きていく上で絶対的に必要ではないかもしれない。
でも、豊かに生きていく栄養になるもの。

やっぱり本っていいな、って思いました。

人生の経験値を100、200とドーンと上げるものではないけれど、
様々な色で彩ってくれるもの。

私には必要なものだと再確認する今日この頃なのでありました。

本2ヤバイ。
まだ出会ってない素晴らしい作品を思うとワクワクが止まらない。

もっとヤバイ。
やることが死ぬほど溜まってる(汗)

 

 

本記事を読んで、少しでも「よい」とか「頑張れ!」と思っていただけましたら、
下の「はてブ」「twitter」「facebook」「Google+」のボタンを押していただけますと
今後の励みになります! (●´ω`●) 

読んでくれてありがとうございます!ブログランキング応援も励みにしてます☆( ´∀`)

↓↓                   ↓↓

にほんブログ村 J-ranking

コメントを残す




CAPTCHA