並外れた天才の人生は幸せか

我が家ではクイズ番組が好きでよく見るんですが、大抵それはタレントが解答者の他愛もないもので、クイズレベルとしてはやくみつるや宮崎美子が最高峰程度のものです。

例えて言うと、『ミラクル9』、『ネプリーグ』、『Qさま』等、がそれにあたります。
問題の基本は雑学に毛が生えたくらい。
Qさま

アホ枠のタレントでも小学生でも、誰でもわかるサービス問題が3割くらい、
一般人の正答率が半数くらいの平均的な難しさの問題が半分くらい、
残りの2割くらいが、インテリタレントがいいとこ見せる系のちょっと難しい問題。

これをうまく混ぜる事で、視聴者にも「自分もまあまあ答えられるな」と
満足感&優越感を抱かせる為の適度なバランスが長く続いている要因でしょうね。

しかし、たまーに、「真のクイズ王を決める!」「頭脳の頂上決戦!」みたいなクイズ番組が
放送されます。
昨日見た、『最強頭脳日本一決定戦!』がまさにそのタイプの番組だったんですが、
もうね、解答者が超絶天才すぎて、庶民が見ると「すげーー…」としか思えないんですわ。

天才東大医学部の超天才VS京大医学部の神童
VS東大主席卒の会計士VS東大の超秀才弁護士
VS京大IQモンスターVS東大・推測の貴公子
VS数学五輪金メダル美女

『究極の知の総合格闘技 優勝する天才は誰だ!』

 

まぁ誰を取り上げても私のような凡人には全く理解できない天才ですわね。
どの問題も、こっちが考えようかな、って思う前にピンポーン!正解!
しかしほとんどの問題は、どんなに考えようが答えを導き出せる気配は微塵もなく、
凡人と天才の差を実に明確に思い知らせてくれる番組です。

差がありすぎて、わからなすぎて屈辱すら感じない。ハハッ。  それもどうか。

こんな番組にも何故か芸能人のギャラリーがいて、途中でコメント求められるんですが、
こちらも天才との落差がひどくて、見てて切ない。 必要か?問題の意味もわかってないぞ。
インテリ芸人枠のオリラジの中田やロザン宇治原さえも居心地悪そう。

絶対的天才達の凄さについて、凡人が語る言葉は「すごいですね」以外にあるのか。
同じ、あるいは肉薄するような天才なら解説もできるだろうけど。

天才について凡人は思う

凡人の私は、そんな理由で番組途中で急速に興味を失いました(笑)
超絶天才より、誰に評価されずとも自分が納得するまで気になったところを深く掘り下げる、
伊集院光や関根勤、やくみつるの方が興味深い。

すごい、とは思う。もちろん。 脳内どうなっちゃってんの、とも思う。
バカのひとつ覚えみたいな感想だけど、でも本当にそんな感じ。
なりたいわけでもないし、なれるわけないし(笑)

家族が割と楽しく見ていたので、チャンネルを変えること無くそのまま流し見しながら、
私は頭のなかでは全然違うこと考え始めました。

考える

ここまでの天才はどんな人生を送るんだろうか。
天才はどんなパートナーを選ぶんだろうか。

テレビを見ながら息子が、
「こんなに頭がいい人と結婚したらいいね。何でも教えてもらえるし」

ううむ、そう簡単な問題でもなかろう。

天才女子がアホイケメンに恋をする事もあるかもしれぬ。
天才男子がSEXY美女に翻弄される事もあるかもしれぬ。

天才が恋愛の天才であるとは限らない。
天才が対人スキルも天才であるとは限らない。

天才だけの世界で生きるわけじゃない。世の中、9割以上は凡人だ。
凡人達の中に放たれた天才は、何を思うのか。 どう暮らすのか。

この日本の頂点に近い若き天才たちは、これからどんな人生を歩むのだろう。
天才=幸せ でもないのかもしれんなあ。

凡人として生まれ、凡人として生きる、凡人全力投球の私は、案外幸せ。
頭脳の差は歴然だけど、どこかで彼らを超えてる部分があるかもよ。

悟り多分私、天才よりオモロを深く掘れる気がする。

多分私、天才より対人スキルは高い気がする。

多分私、天才よりカレーが好きな気がする。

多分私、天才より日々ニヤニヤしてる気がする。

 

低ッ! レベル低ッ! でも…  私、今の自分が好きッス(笑)

 

天才には天才の幸せ、凡人には凡人の幸せがある 

本人が良ければヨロシ凡人

 

その結論に辿り着いた私は、やはり THE・凡人なのでした。

 

 

 

--------------------------------------

本記事を読んで、少しでも「よい」とか「頑張れ!」と思っていただけましたら、
下の「はてブ」「twitter」「facebook」「Google+」のボタンを押していただけますと
今後の励みになります! (●´ω`●) 

読んでくれてありがとうございます!ブログランキング応援も励みにしてます☆( ´∀`)

↓↓                   ↓↓

にほんブログ村 J-ranking

コメントを残す




CAPTCHA