STAP細胞、200回以上作ったのに再現できず…どうする小保方さん。

理化学研究所でのSTAP細胞の検証実験で、小保方さん自らがSTAP細胞を作れなかった事で、「細胞はない」って見方が強くなりましたね。

あんなに「STAP細胞はあります!」って言い切ってたのに・・・ミラクル起きず。

何だったんだ、STAP細胞。小保方さん1

1月末でしたかね。あの晴れやかな会見。

『第三の万能細胞』として、キラキラと高揚した表情で小保方さんが説明するのを、研究者としてはまだ若い30才の女性が、こんな再生治療の革命的な細胞を研究、発見したなんてすごいわーと感心して見てたものです。

一躍時の人になった小保方さん。

小保方さん割烹着、ピンクと黄色の実験室、ムーミンの壁、ヴィヴィアン・ウエストウッドの指輪、巻き髪。

研究とは関係ない部分で随分チヤホヤされて、ちょっとしたフィーバーでしたよね。
(すぐ雲行き怪しくなったから短かったけど…)

でもその後の怒涛の展開、あの時は誰も想像できなかった。
天国から地獄ってあんな感じ?

STAP細胞、どこいっちゃったんでしょうね。
あんなにあるって言ってたのに。あんなに作ったって言ってたのに。
そもそも彼女が作ってたもの自体が違ったんだろうか。

不可解な事が多すぎて、みんなに「何だったんだ」って思いだけを残して闇に葬られそう。

もう誰もこの問題に関わりたくないだろうし、誰もお金出さないだろうね。

それにしても、本当にわからない。
前にiPS細胞の移植治療をしたと突然言い出した人とはワケが違う。

周囲にも立派な研究者がいっぱいいた。
華々しく発表してしまえば後戻りできるはずないと誰もがわかってたはず。

何なんだ。

こんなにすぐボロが出るような研究、どうして誰も穴に気づかなかったんだ。
化学に何の知識もない人でもみんなそう思ってるよ。
(いや、知識がないからこそ安易にそう思っちゃうんだろうか)ノート

笹井教授はもういない。
日本の再生医療の第一人者だったはずなのに。

小保方さんだってもう研究者として使ってくれるところはないだろう。

関わった教授たちもみんな傷を負った。

結局、誰一人得しなかった。

どこからおかしくなっちゃったんだろうね。

 

小保方さん、まだ30才。頭脳明晰で可愛い女性です。
もちろん、未熟なところも多いのかもしれない。

でも、犯罪をおかしたわけじゃない。
一生隠れて暮らさなきゃならないのかな。

すべてを語ることも許されず、表に出ることも許されず・・・ 辛いね。

これからどうしたらいいんだろ。

未熟だったんだろうし、間違ったとは思うんだ。 失敗したとも。 
でもすべてが彼女一人のせいって事ではないと思うんだ。

結局、STAP細胞の発見と作製、発表に至った経緯は本人にしかわからない。
言いたいこともあるだろうに、言わせてもらえず一人隠遁生活。

もう全部言っちゃえよ、と思うけど、そうもいかないんだろう。

 

今回の検証実験結果で理化学研究所でのSTAP細胞騒動は終わりって事になるんだろう。
真相は闇の中。 小保方さんも退職。

何か残念ね。いろんな意味で。

 

最後まで読んじゃったついでにポチっとプリーズ
↓↓↓
にほんブログ村

------------★ 酵素ダイエット情報 ★-------------

このブログ内のお嬢様酵素ダイエットの記録をまとめたページ ↓ ↓ ↓

腹変化

マヤのお嬢様酵素-5キロダイエットの
全貌を一気に見る!

 

小さいバスト、ハリを失ったバストは蘇るのか? 美乳革命動画

マヤ・プチ子・ピヨ美 3人だけのバストアッププロジェクト
【美乳革命】報告

 

コメントを残す




CAPTCHA