面白い本が読みたくて図書館へ

最近の私、インプットはネットとテレビの情報ばかりで、活字はほぼ新聞だけだ。
一時は年間200冊は読んでいたというのに、この体たらく。呆れるばかり。

今年に入ってちゃんとした本を30冊も読んだだろうか。
もう今年も終わろうとしてるのに。

なんかダメじゃねーか。ダメ顔

タンクに補充すること無くゆるゆると消費するばかりで、そろそろスカスカになってきてるんじゃないか。
赤ランプ点灯。
カルピスならば8倍希釈レベル、KAT-TUNならあと二人減って2人になったような薄さ。

何となく得体のしれない危機感のような焦燥感のようなものが後頭部でチリチリしてる。
年末だっていうのに、急にそんな気持ちになってきた。

いかんな。
水増しでごまかして暮らしてたら、うっすうすの人間になりそうだ。

しかし、なんだろう。
何かが枯渇してきたとは思ってるのに、ノンフィクション等のシリアスな本を読んで、
その部分を満たしたいとは一切思ってないらしい。
(実は本当に読まなきゃいけない実用書もあるというのに)

日本経済について深く知り、国家の存続危機を憂うわけではない。
環境問題を自分なりに脳内ディスカッションをしたいわけでもない。
世界平和の難しさについて煩悶したいわけでもない。

じゃ、何が薄いんだ、何を求めてるんだって話だが、自分なりに分析したところによると、
自分の中の、好奇心を刺激するものに触れる機会が減ってる事が不満らしい。

 

犬ワクワクしたいんだ。
もっと面白がりたいんだよ。

気になるセンサーに触れる文字を探しに行こう。

テレビやネットからは掘れない何かを掘り出したい。
図書館は無料採掘場なのに、忘れてたよ。

 

主婦なのに、こんな事ばかりにパッション燃やしてるのもどうかと思うが、
そういうタチなんだろう。 
これが満たされないと、他の事もどうもやる気が起きない。

そこだけ異常に貪欲だ。 多分ここで書く10倍くらい。

カリスマ主婦より、何考えてるかわからんが楽しげなヤツでいい。
美味しい料理のレシピより、笑えるネタの方が価値がある。

すまん、夫。 ごめん、息子。 美魔女&カリスマ奥さん無理。べろべろ

 

さーてと、何借りてこようかな~(ウキウキ)
実はもう候補は絞ってあるのよね。

借りられてませんように。

ただ…図書館、うちから歩いて40分かかるんだよね…

勇気出せ私。  行ってきまーす。

 

本記事を読んで、少しでも「よい」とか「頑張れ!」と思っていただけましたら、
下の「はてブ」「twitter」「facebook」「Google+」のボタンを押していただけますと
今後の励みになります! (●´ω`●) 

読んでくれてありがとうございます!ブログランキング応援も励みにしてます☆( ´∀`)

↓↓                   ↓↓

にほんブログ村 J-ranking

コメントを残す




CAPTCHA