任天堂の輝いたファミコン時代はもう遠い。

任天堂。  昔花札、今ゲーム。

名前も知らない人は皆無に等しい、この任天堂が苦戦してるらしい。
ファミコンからのちょっと前のWiiの大ヒットまでの輝かしい栄光の日々。
無敵と思えた日もあったのに、盛者必衰なのか。

WiiUが残念ながらイマイチ売れてないらしい。
確かに購入の決め手に欠けるので、うちにも無いんだけど。

スマホ普及のせいなのか、消費者のニーズからズレてしまったのか。
今後、健康や学習方面で活路を、って事みたいだけど、難しいだろうな。

任天堂と私

ゲームウォッチ小学生の頃、ゲームウォッチが発売された時、
クリスマスに買ってもらって、死ぬほどファイアをやった。
(実はファイアは姉のだったのだけど)

姉弟の中でファイヤは私がダントツでうまかった。

密かに「私って救出の神じゃね?」って思ってたし。

今の子たちにやらせたら、「は?何これ。つまんねー」ってなるのかな。

 

今でもはっきり覚えてる。 ファミコンがうちに来た日。

姉と弟と、大興奮でテニス、マリオブラザーズをやった。
コントローラーは2つしか無いので、交代交代。

「ミスしろ…」  何度心で強く祈ったかわからない。
人の失敗を一番願ったのはあの頃かもしれない。

その後、いろんなカセットが出て、我が家もいろいろ購入し、随分楽しくやったもんです。

ロードランナー私は地味~な『ロードランナー』が好きで、ピシュ―ピシュ―と穴を掘って、
敵を埋めるのが好きだった。(暗い)

張り切って掘りすぎて、自分が埋まって自爆。

ロードランナーあるあるです。

懐かしい。

 

たけしたけしファンだった姉が発売日に張り切って購入した
『たけしの挑戦状』。

【謎が解けるか一億人】

当時大人気だったビートたけしが作ったゲームだという事と、
こんなキャッチコピーで大々的にCMをやってたので、期待度が特大だった。

このゲームは衝撃的だった。 とにかくすごくて。

子供が作ったすごろくみたいに、もうイベントがいちいちお口あんぐりの意味不明ぶり(笑)

後に伝説のクソゲーと呼ばれるだけあって、本当に思いつきだけで作った感アリアリで、
途中で何度不条理エンディングを迎えたか。

RPGだからしばらくやったら当然セーブするんだけど、そうすると二度とクリアできず。(唖然)

たけしの挑戦状完全ノーヒントで

・パチンコの最中にIIコントローラーのマイクで喋る

・何も操作をしないで1時間放置する

こういう事を平気でやらせるんだもん。 
そりゃクソゲー殿堂入りするさ。

期待してウキウキ始めた姉が、バッドエンディングを繰り返すうちに、
ファミコンをぶち壊しそうになるほどキレてたのを思い出す。

じゅもん

ちなみに、姉が次にブチ切れしてたのはドラクエの太陽の石が見つからなかった時と、
復活の呪文を書き間違って数時間のレベル上げ作業が無駄になった時だ(笑)

 

同世代のゲームっ子なら、この「じゅもんが ちがいます」を見ると、
誰もが鳥肌とともにあの戦慄の瞬間を思い出すだろう。

書き間違った自分、 ゴートゥーヘル。  

今はそんな心配なし。 いい時代になったもんだ。

 

ひたすら「アチョーアチョー」と戦う『スパルタンX』とか、
軽快な音楽に乗ってやる『マッピー』も好きだった。

ボンバーマン敵にモリを刺して膨らませて破裂させる『ディグダグ』、
誘爆しまくりの『ボンバーマン』も随分やったなー

 

その後のディスクシステムも短い期間ながらもやったし、
スーファミはもちろん死ぬほどやった。(メガドライブもやったし、プレステもやったけど)

そして今は子供が3DSやWiiをやっている。

任天堂の苦戦のニュースは何となく寂しい気持ちになった。

今、私はもうゲームをやる事はほとんど無くなったけど、
ファミコン世代としては、任天堂には頑張って欲しいとそっと応援してる。

ファミコン好きのあなたへ

そんな私からファミコン愛を込めて、大好きな動画を。

【マイケルクエスト】

辛いことがあった時、寂しい時に見ています。(嘘)

これ作った人、天才だわ、ホント。

 

あー懐かしい。 アイスクライマーやりたいわ。

 

本記事を読んで、少しでも「よい」とか「頑張れ!」と思っていただけましたら、
下の「はてブ」「twitter」「facebook」「Google+」のボタンを押していただけますと
今後の励みになります! (●´ω`●) 

読んでくれてありがとうございます!ブログランキング応援も励みにしてます☆( ´∀`)

↓↓                   ↓↓

にほんブログ村 J-ranking

コメントを残す




CAPTCHA