カラオケで昭和な自分発見

しばらく仕事が詰まっていたので地味に引きこもって暮らしていたのですけども、
やっとある程度の目処がつき、友達との遊びを解禁しました。

会いたいと思っていた友達に即連絡。

一昨日は大好きなカレーを食べに行き、昨日はカラオケに行きました。
充実の二日間。 大好きな友達との楽しい時間は心を温かく満たしてくれます。 

ああ、やっぱ友達っていいわ。 ありがとうフレンズ。

シャウト

で、ですね。 今日は昨日行ったカラオケの話です。

カラオケなんて、最後に行ったのがいつかわからんくらい久しぶりだったんですが、
最後に行った時のメンバーも昨日のメンバーでした。

馴染みです。

カラオケクィーン・歌超ウマのMちゃん、低音が魅力の昭和メイトAちゃん、そして私。

まず、カラオケ慣れしたMちゃんにトップを任せ、私とAちゃんは選曲に入ろうとしました、

が! 何を歌っていいかわかりません。

心に浮かぶのは80~90年代の曲ばかり。
バブル期にビッグエコーで歌った曲ばかりが浮かんでは消えていきます。
チラリと横目で見たら、Aちゃんもそんな感じです(笑)

ど、どうしよ、どうしよ、もうMちゃんの歌終わっちゃうよ。 (((( ;゚д゚))))アワワワワ

Aちゃんがそっと言いました。内緒

「ね、歌本無いのかな」 

ゲラゲラ笑うMちゃん。

しかし横でガクガク頷く私。 激しく共感。

「ちょっと聞いてくるわ」と、即座に受付までGO!

受付のほぼ同年代と思われる女性に「歌本ってあったりします?」と、
ちょっとエヘヘ感を出して聞くと、「はい、ありますよ」と慣れた様子で渡してくれました。
文明の利器の進化に乗りきれないお仲間が結構いるようです。

「あったよ♥(ニコッ)」とAちゃんに渡す私。  「ありがと♥(ニコッ)」とAちゃん。

やっぱり順番待ちの膝上歌本選曲が落ち着きます。 昭和…

そして無差別級カラオケ

AちゃんがT-BOLANの『離したくはない』を歌いました。
男歌も違和感ナシ。彼女のちょっと鼻にかかった魅惑ボイスにしっくり。
もう彼女の歌として私の中で更新されつつあります。 ずっと離さなくていいです。
ラストシンデレラの挿入歌、『スターラブレイション』を歌った時は、
「おお、新しいじゃん!ガンバレ!」と、どよめきと声援が起きました。春馬
(あの役の三浦春馬ファンらしい)

カラオケクィーンが私達に遠慮してか、高橋真梨子の『for you…』を歌いました。
今すぐクラブ歌手になれそうです。ディナーショー希望。
YUIの『CHE.R.RY』を選曲した時は、「誰の歌?」とザワザワした挙句、
わかった瞬間、2007年発売なのにAちゃんと私、「さすがね、新しいわー」と感心しきり。

2007年の曲なんて、一昨日くらいの感覚なんですけど。
うう、どんな感覚だ。

カラオケにデンモク(電子目次本)ってのがあるんですが、
『あの頃(現在の年齢と検索したい年齢を入力してその時代の懐かしい曲を検索)』って、
検索方法があるんですね。

それで、果たして私が音楽から遠ざかったのは何年か?を確認してみたんですが、
2002年辺りでほぼ終了だという事がわかりました。

ははは… これだもん、新しい曲なんて浮かばんよ。

愛のメモリーシメに松崎しげるの『愛のメモリー』を熱唱しました。

美しい人生よーー

限りない喜びよーー♪  

は~ スッキリ。

 

いささか昭和過ぎではありましたが、楽しい時間でした。
ちなみに、二時間歌って、私が歌った唯一の新しい曲は、あまちゃんの『潮騒のメモリー』。
あのテイストがしっくり馴染みすぎる80年代を楽しみきった世代です、私。潮騒のメモリー

多分頑張ってももう新しい曲、覚えられない気がする。
ま、いっか。 
頑張らなきゃいけないメンバーでカラオケ行く事もおそらくないし。

Mちゃん、ごめん。 次回も新しい歌、追加されない。メイビー。

Aちゃん、今度は最初から歌本借りよう(笑)

 友よ、楽しい時間をありがとう。 
また遊ぼうねー

 

本記事を読んで、少しでも「よい」とか「頑張れ!」と思っていただけましたら、
下の「はてブ」「twitter」「facebook」「Google+」のボタンを押していただけますと
今後の励みになります! (●´ω`●) 

読んでくれてありがとうございます!ブログランキング応援も励みにしてます☆( ´∀`)

↓↓                   ↓↓

にほんブログ村 J-ranking

コメントを残す




CAPTCHA