50代のW浅野は立派かイタイか。

先日、フジテレビでバブル時代のトレンディドラマ(死語)の『抱きしめたい!』の
その後を放映してました。

私は他の番組が見たかったので、見なかったのですが、気にはなっていたのです。抱きしめたい
主演のW浅野こと、浅野温子&浅野ゆう子がバブル期に髪をかきあげてた頃、
私は10代後半で、ちょっと背伸び気分のワンレン・ソバージュで浮かれてました。

あ、そうだ、このブログの初めの頃に載せた水着写真の頃にその名残がありますね(笑)
(過去記事:ダイエットジプシーの黒歴史とラストダイエット宣言

バブル期の熱を帯びたイカレタ時代が時々思い出されて懐かしくなります。

このドラマもそれなりに見ていた記憶があったし、W浅野と盛り上がってた時代に
ガチはまりな世代なので、このドラマのその後というより、W浅野の現状に興味がありました。

制作発表で「賛否両論は覚悟の上」的な発言があったみたいですが、
そりゃ覚悟するわな(笑)  てか、成功のビジョンが見えた事が不思議です。

抱きしめたい52歳と53歳の温子さんとゆう子さんが、
昔さながらに鼻にキュッとシワを寄せて笑いながら抱き合う姿に、

「うぉーーー」ってドキドキしました。
スゴイもん見た気がして。

いやね、キレイなんですよ。お二人とも。 
50代女性の中ではもちろんトップランクですよ。

でも、もうその感じはどうだろう。演出だと思うけど、キツイわー

で、ちょっと見てみた。

放送は見なかったんですけど、ちょっと無料動画で覗いてみました。

…懐かしいわ(笑)

この浅野温子のオーバーな演技も、浅野ゆう子の「だしょ~」的キャラ、
やたら抱きあう感じ、ちょいちょい挟まれる過去映像。

ははは、私もこの頃浮ついてたなー(バブル期に脳内トリップ)

岩城滉一、おじいちゃんになってきたな…
主題歌はやっぱりカルロス・トシキの方がいいな。

ははあ、このドラマって結局新規の視聴者は一切期待してないんだな。
楽しみ方ってこれでいいんだな。

視聴率12%ちょっとって多いんだか少ないんだかわからんな。

初めは痛々しいとすら感じたW浅野も、すぐ見慣れました(笑)
なるほどね。人間の順応力ってすごいわ。

内容やそれに関する感想は割愛しますが、それなりに見れました。

このドラマの放映日にタイムリーで見ていた、芸能人に辛口の友達から
「W浅野立派。ハイビジョンでよく頑張ってる!」
との感想がありました。

そうだよね、私達が気になるのは内容よりそこかもね(笑)

浅野ゆう子の前髪と、浅野温子のロングの巻き髪が小さく違和感。
でも相変わらずスタイル良くてシュッとしてます。

イタイんだろうか。 それとも立派なんだろうか。

うーん、それを判断するのはもっと若い世代なのかしら。

やっぱ前髪つくるのはほどほどでやめないと『頑張ってる感』でるな。
そして50代~のロングのダウンヘアは萬田久子レベルじゃないとキツイな。萬田久子
(温子でさえちょい違和感)

美魔女ブームもございますが、歳相応ってのも大事よね。

私もエイジレスでありたいと思うし、キレイでいたいとは思うのですが、
若作りの人にはなりたくないので、その年でのベストの自分を目指したいと思います。

ま、ハナから美魔女はムリだしね(笑)

 

 

本記事を読んで、少しでも「よい」とか「頑張れ!」と思っていただけましたら、
下の「はてブ」「twitter」「facebook」「Google+」のボタンを押していただけますと
今後の励みになります! (●´ω`●) 

読んでくれてありがとうございます!ブログランキング応援も励みにしてます☆( ´∀`)

↓↓                   ↓↓

にほんブログ村 J-ranking

コメントを残す




CAPTCHA